赤ニキビ

種類別に見る赤ニキビができる理由とその対処法

赤ニキビ

赤ニキビは、他の種類と比べて少し症状が悪化してしまった状態です。炎症が起きていますので、ケアする時には注意が必要です。
赤ニキビのできる原因は主に皮脂の分泌過多とターンオーバーの乱れです。皮脂分泌量が多過ぎると毛穴が詰まり、アクネ菌も増殖します。そして、アクネ菌の代謝物が皮膚組織を刺激すると炎症が起こります。また、ターンオーバーが上手く行われないと皮脂を排出することができなくなります。皮脂が詰まっている状態の白ニキビが表れたら、ターンオーバーの働きが鈍っているサインです。赤ニキビに進行しないように気を付ける必要があります。
吹き出物や赤ニキビの対処法では、炎症を抑えることを第一に考えます。治療薬を利用する場合は抗炎症作用のあるものを選び、化粧品は刺激の少ないものを選びます。肌の回復力を高めるために高濃度のビタミンCが含まれている化粧水をつけることも有効です。また、どんなに気になってもニキビを潰してはいけません。潰すと皮膚の損傷部分の回復が不完全になり、跡になってしまうことがあります。間違った対処法を行うと化膿する可能性も高いのが赤ニキビですので、ケア方法の間違いがないかを確かめながら行うことも重要です。