黒ニキビ

種類別に見る黒ニキビができる理由とその対処法

黒ニキビ

皮脂の分泌が多い額から鼻にかけてのTゾーンと呼ばれる部分に多くみられる、毛穴の中に詰まった黒いブツブツは「黒ニキビ」です。
黒ニキビは毛穴の中に詰まった角栓の尖端部分が空気に触れて酸化し、黒くなったもので、吹き出物やニキビの中でも初期段階の症状であり、毛穴に角栓や皮脂が詰まっただけの状態ですので、他のニキビのような炎症による痛みなどはありません。
しかし、黒にきびによるブツブツは場所によっては大変目立ってしまうため早めのケアが必要です。
その対処法は、やはり洗顔で汚れを落とすことにつきます。
弱アルカリ性の洗顔石鹸でたっぷりの泡をつくり、泡で顔を優しく包みこむように洗顔をします。
指の腹で泡を転がすように毛穴の汚れを優しく落とします。
そのとき、ゴシゴシと肌の負担をかけるような洗顔は好ましくありません。
また、毛穴パックなどを使って毛穴の角栓を取り除いたり、強制的に角栓を取ってしまう方法は、肌への負担が大きく、逆に老化を早めてしまうことになりかねません。
また、毛穴が開いたままになり、汚れが溜まりやすい状態になったり、毛穴から細菌が入りこんでしまい炎症や化膿をおこしてしまう原因になりますので、そのような対処法も好ましくありません。
お肌に負担をかけずに毛穴に詰まった角栓や皮脂をおとすことが最も大切です。